複数本のディアウォールで、テレビを壁掛けに変身!テレビの土台が無いというのはやっぱりかっこいい

六本のディアウォールをつかったテレビの壁掛けのDIYの紹介です。
最近ではテレビの壁掛けはあまり珍しくはなくなってきましたが、それでもTVモニタが宙に浮いている感じはかっこいいですね。

 

写真では、正面からの構図しかないので、何とも言えませんが、中心の2本のディアウォールで液晶モニタを固定してあるかもしれませんね。

ただ、その本だけだと、あからさまに壁掛け用の柱!と見えちゃうのを、左右に2本ずつ追加されてあることで、見事にただの壁掛け用の柱から、インテリアとしての柱という見え方にされてあるっぽいなぁと思いました。

一見簡単に見えますがシンプルな手法で大きな視覚的効果をもたらすというのはすごいことなんじゃないかなと思います。

あと、こういうディアウォール系でいつも気になるのは耐震性とか倒れ掛かってこないのか?
という不安ですが、例えばテレビの下にレコーダーや、例えばゲーム機などを置くテレビ台などがあるばあいであれば、正直ディアウォールの下の足元はテレビ台で隠れてしまうので、
場合によってはL字な何かで足元だけ安定度を高める何かをしてもいいような気がします。

手前側にL字になるようなもので手前にかかる荷重をカバーして、横に倒れようとするのは、足元や液晶テレビの背面で隠すように横に連結するという風にすると、横へのチカラも面で捉える感じになって耐震性も上がる気がします。

今は地震というのはどの地域でも起こり得る事ということも考えておいたほうがいいような気がします。

それにしても、手前のテレビ台のセンスとディアウォールの色付けあとは、左右にある、縦長の小窓の縁の色、あとはそ窓のスクリーンがとてもオシャレに感じさせてくれていますね(・∀・)イイ!!

北九州 内装工事 口コミ評価評判が高いサイト

北九州 サイト作成 口コミ評価評判が高い業者